ドイツ人も知らない小さな田舎ビーレフェルトに留学しているはなし。

国立大学でドイツ語を2年半勉強した後、ドイツのビーレフェルト大学へ2016年9月から留学しています。レベルはB2-C1程度(だと思います)。教育学をメインに勉強しています。私が留学準備をするときに「ビーレフェルト 留学」で検索をするも情報が少なく心もとなかったので、今後ビーレフェルトに来る日本人学生さんの助けになればと思って更新しています^^

▼ いつもありがとうございます。ランキングに参加しているのでよければポチっとおねがいします。クリックでランキングがあがる仕組みになっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

【ビーレフェルト大学】学生寮事情

ビーレフェルト大学に無事到着して

今日でちょうど1週間になりました。

 

ビーレフェルトの寮(Studentenwohnheim)は

全部で4つほど存在します。ざっくりと説明をまとめてみます。

 

 

(1)モルゲンブレーデ(Morgenbreede)

<形態>完全1人部屋

<家賃>1ヶ月253ユーロ(全込)

<交通>学校まで徒歩5分・駅まで徒歩10分

最寄駅(Bültmannshof)までのアクセスはこちらを参考に▽

【ビーレフェルト大学】学生寮(Morgenbreede)から最寄駅(Bültmannshof)までの行き方 

<メリット>1番キレイかつ、静か。

<デメリット>ライトが少ないので夜が暗く、1人なので寂しい時もあります。また、Wifiはなく有線のみです。この有線が割と頑丈に保護されており、通常の有線ならパソコンを親機にWIFIを飛ばせるのですが、できませんでした。パソコンがWindowsであればできるようです。Wifiルーターも試してみましたが、残念な結果です・・・。まあしかし、有線は完璧です☆

 

 

(2)ウニシュトラーセ(Unistraße)

<形態>WG

*WG ヨーロッパではノーマルな形態。

お風呂キッチンは共同だけど各自の部屋はある

<家賃>1ヶ月230ユーロぐらい

<交通>学校・駅ともに徒歩5分

<メリット>交通の便がよく、フラットメイトと気が合えば仲良くなれて友だちが増えます。(フラットメイトと仲悪い人はまだ見たことがありません)少し安いです。

<デメリット>汚めです。誰と一緒になるか分からないので当たり外れがかなり大きい(ですが、基本大丈夫だと思います)。男女混合なので、友だちは男1人女4人なんてWGもありました(笑)よくパーティーが行われているので、超うるさいです。

 

 

(3)名前分からない(笑)

<形態>WG

<家賃>分からないけど多分230ユーロくらい

<交通>学校までトラム等で40分

<メリット>中心地に出やすいです。

<デメリット>学校が遠いようです。1番線沿いにあるそうです。

※(3)は私があまり知らないのでよく分かりません笑

 

 

(4)ホストファミリー

<形態>WG

<家賃>家に寄ります。250〜280ユーロ

<交通>家に寄るけど基本学校までは30分程度かと

<メリット>ホストファミリーと仲良くなればいろんなところに一緒に行けるし、中心地に出やすいです。

<デメリット>気を使います

※これは、寮がぱんぱんでどこにも入れなかった学生用です

私の日本人友だちは期限内に寮希望書を提出したにも関わらず後日「寮が満員なのでこちらへ・・」という旨のメールが来たようです、、(苦笑)

 

 

そして今日お話するのは

私の住んでいる寮(1)モルゲンブレーデについて☆

 

ちなみに、寮は留学前に希望を出せます。

1人部屋とWG、どちらを希望するか選択できます。

※希望が必ずしも通るとは限りません

 

外観はこんな感じ(^^)↓キレイ!!

f:id:heidi_eis:20160917013755j:plain

 

入るとこんな感じです☆

真正面に窓(フェンスは全開にもできます)

向かって右にはベッド、左は広い机とイスがひとつ。

見えませんが大きな洋服棚もあります。

(ハンガーももともといくつかついていました!)

f:id:heidi_eis:20160917013941j:plain

 

そして、手前にはIHキッチン!

私は日本で一人暮らしの時コンロかつ1つしか

なかったので、IHかつ2つはかなり嬉しかったです♡

フライパン・鍋・フォーク・スプーン・お皿から

栓抜きまで(さすがドイツ笑)食器類も完備です。

しかし、レンジ・オーブンは

さすがにありませんでした、、残念、、

お箸もなくて料理に困ったので、

持ってくるのがいいかもしれないです^^

 

 

ティファールもありましたが、中の鉄が白濁していました。さすが硬水(笑)

一瞬で鉄を綺麗にする方法はこちら▼

【ドイツ留学】硬水で白濁した鉄を一瞬・簡単に綺麗にする方法 

 

 

f:id:heidi_eis:20160917013746j:plain

 

こちらはトイレ&バス。

バスが、日本では浴槽バスなのに対し、

ここでは地面が繋がっているのに驚きました。

が、慣れれば普通に使いやすいです。

なんせ、欧米サイズなので広く感じます(笑)

トイレットペーパーはなかったので

次の日買いにいきました。

f:id:heidi_eis:20160917013751j:plain

 

分かりづらすぎますが(笑)、

洗面台もあります。

ドライヤーがないので初日は困りましたが

1000円程で売っているのでそんな出費にもならないかと。

f:id:heidi_eis:20160917014705j:plain

 

洗濯機は、地下にコインランドリーがあり、共用です。

(洗濯:1回1.5ユーロ/約200円

乾燥:1回1ユーロ/約115円)

 

 

そして気になる家賃ですが

 

電気代水道代暖房代等全て込みで

253ユーロ!(3万円程度)安い!!

 

 

そんな感じで超快適な寮なのですが

問題がひとつ、、!!

 

 

 

なんせ夜が暗い!!!!!!

 

 

 

電気がキッチン上にひとつ、

バスルームにひとつ、後机用ランプひとつのみで

ベッドと机のあたりがなんせ、暗いんです。

 

日中は日が入るので問題ないです(^o^)

 

今は日が20時頃に沈むのでいいのですが

冬になり、16時17時に沈むのを考えると

ぞっとしてしまいます。

(特に私は太陽が好きなので笑)

 

 

ずっと図書館にこもることになりそうです笑

 

 

モルゲンブレーデまでの行き方をまとめたものはこちら▼

【ビーレフェルト大学】学生寮へのアクセス・行き方

 

 

さて、留学生活ですが

今日はオリエンテーションでした。

ドイツ語が全く話せない学生(理系)が

意外と多いため、会話は英語がほとんどですが

やはり言語を学んでいる身としては、

実際に使用する時が一番楽しいので、

英語であれドイツ語であれ楽しくやっています♪

 

月曜日から事前語学コースの始まりです。

 

 

 

この記事がいいなと思ったら下のURLをポチっとお願いします。ブログランキングに参加しており、クリックでランキングがあがる仕組みになっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

 

 

ツイッターもしています▼

twitter.com