ドイツ人も知らない小さな田舎ビーレフェルトに留学していたはなし。

国立大学でドイツ語を2年半勉強した後、ドイツのビーレフェルト大学へ2016年9月から留学していました。レベルはB2-C1程度(だと思います)。教育学をメインに勉強しています。私が留学準備をするときに「ビーレフェルト 留学」で検索をするも情報が少なく心もとなかったので、今後ビーレフェルトに来る日本人学生さんの助けになればと思って更新しています^^

▼ いつもありがとうございます。ランキングに参加しているのでよければポチっとおねがいします。クリックでランキングがあがる仕組みになっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

【留学】長期留学をオススメする1番の理由

 

留学が押し進められ、国もそれに協力する時代です。

 

グローバル化してるから。」

「多様な人材が育成されるから。」

 

留学に行った先輩たちも(私の知る限り)口を揃えて「留学したほうがいいよ」と言います。

 

一体なぜそんなにも留学がおすすめされるんだ?とちょくちょく考えてきましたが、行った人にしか分からない問題なのでほうっておきました(笑)

 

留学が始まって2ヶ月半経った今、思うことがあります。

 

「めっちゃわかるわ、留学したほうが絶対いいやん」

 

 

 

(笑)

 

 

いや、私個人の話をすると、留学は小さい頃からの夢だったので、それはそれはほんと楽しくて、「今」この瞬間が今までずっと憧れてきた「夢」の時間なんだと思うと胸がくすぐったい感情でいっぱいになるんですけど

 

周りの人に特別おすすめする理由がよくわかんなくて

 

でも、今、わかる、超おすすめしたいです

 

 

もう、(自分の場合ですよあくまで私の場合)

理由はひとつしかないんですよねえ、、

 

 

ずばり

 

「肯定的な逃亡ができる!!!〜何もかも「留学」のせいに〜」

 

 

=(イコール)

 

 

日本(人生)から逃げているにも関わらず、周りの人にはむしろ「がんばってるね」「すごいね」と超ポジティブな印象を与えることができる

 

 

私が留学他の人におすすめする理由は今のとここれしか見つかりません

 

グローバル・多様性が身に付くって言っても、それは結局留学する人によってだいぶ変わってくると思うんですよねえ。日本でも、ゲストハウスでアルバイトをするとか、学校にいる留学生と交流するとか、チャンスはたくさんある。探せば。

 

でも、逃亡はできない。

 

ああ、たかが20年前後の人生だけど何もかもリセットしてやり直したい。何もかもめんどくさい。みんな大好きだし環境に恵まれてるのも理解はしてるんだけど、逃げ出したい。誰も知ってる人がいないとこへ行きたい。でも逃げる場所がない。

 

ってなるとき、ないですか?(頻繁にあった人)

 

 

それで今の何が楽しいって、日本のもろもろを考えなくていいところ。

 

別に暗い過去があるとかそういうのじゃなくて(笑)単純に、色んなことを気にしすぎる自分にとってはものすっごく気が楽で。

 

何もかも「留学のせい」にできるんですよね。飲み会に行かないのも、苦手な子と連絡取らないのも、バイトに行かないのも、全部全部留学のせい。

 

 

 

だから、特に、日本で疲れてる人に行ってほしい。もちろん行くからには責任は伴ってくるけれど。お金かかるから。でも、今はありがたいことにたっっくさんの奨学金があってしかも返済無しがね!!!

 

ちゃんと自分で全部リサーチして、もちろん勉強してって大変だけど、来ちゃえばもう逃亡完了だから、自分が思っていたよりもずっと世界は広くて自由だってことを感じてほしい、自分の悩みなんてちっぽけだったなはは〜って笑ってほしい。逃亡したにもかかわらずどうしても忘れられないことがあったなら、それは自分にとって本当に大切なことだったんだって気付いてほしい。

 

留学して変わるかどうかなんて分かんしそれもまあ人によると思うけど、もはや留学で変わるか変わらないとかそのトピック自体、来ちゃえばどうでもよくなる。ほんとすばらしい。

 

あと、これはすっごく個人的な意見になるけれど、こうやって逃亡して楽しい思いができるのは「帰る場所」があるからなのかもって感じてほしい。

 

 

長期をおすすめするのは、長くいればいるほど上記のことを感じ、気付くタイミングがたくさんあるからです^^

 

 

 

留学を迷ってる方の背中を少しでも押せたなら。♪

 

 

さて、ドイツ全土で一斉にクリスマスマーケットが始まりました☆もう街はクリスマス一色でわくわくします。

f:id:heidi_eis:20161129091625j:plain

 

 

それではまた。

 

 

この記事がいいなと思ったら下のURLをポチっとお願いします。ブログランキングに参加しており、クリックでランキングがあがる仕組みになっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

 

ツイッターもしています▼