読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ人も知らない小さな田舎ビーレフェルトに留学しているはなし。

国立大学でドイツ語を2年半勉強した後、ドイツのビーレフェルト大学へ2016年9月から留学しています。レベルはB2-C1程度(だと思います)。教育学をメインに勉強しています。私が留学準備をするときに「ビーレフェルト 留学」で検索をするも情報が少なく心もとなかったので、今後ビーレフェルトに来る日本人学生さんの助けになればと思って更新しています^^

▼ いつもありがとうございます。ランキングに参加しているのでよければポチっとおねがいします。クリックでランキングがあがる仕組みになっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

【ビーレフェルト大学】ドイツで「桜姫」になって少し有名人になった話


  

4月23日(日)、ドイツのニーダーザクセン州に位置する小さな村「Reileifzen(ライライフツェン)」で毎年4月下旬に開催される "Kirschblütenfest (桜祭り)"に参加し、かつ "Kirschblütenprinzessin (桜姫)" になってきました(^_^)

 

 

とりあえずこちらの漫画を読んでください!▽

f:id:heidi_eis:20170426071127j:plain

f:id:heidi_eis:20170426071142j:plain

f:id:heidi_eis:20170426071153j:plain

 

こちら、実際に放映されたテレビです。ぐだぐだですが、興味あればぜひ!(笑)▼

www.ndr.de

 

f:id:heidi_eis:20170426071201j:plain

 

 

こんな感じで波瀾万丈(?)な桜祭りでした^^笑

 

とはいえライライフツェン。すごく素敵な村でした!お〜!ドイツの村だ〜!という雰囲気を全力で感じれました。語彙力が足りない・・・笑

 

ほんと〜〜〜〜〜に小さな街で、人口は200人以下だったっけな?だから、住んでる人はみんなお互いのことを知っている友達のようでした。そんな「みんな友達」な場所に見ず知らずの日本人がぽんっと飛び込んでいるにも関わらず、温かく迎え入れてくれました(^0^)

 

実はこのライライフツェン、栃木と友好関係にあるらしく、(この桜祭り自体は日本と全く関係ないのですが)栃木から日本人の方もいらっしゃっていました。みなさんとても素敵な方で、ドイツの都市と日本の都市が離れているにも関わらずこうやって結びついているのは有意義だと思うし、もっとたくさんの都市がこうなればいいのになあと思いました。

 

ドイツの木組みの家がたくさん▼

f:id:heidi_eis:20170426170416j:plain

 

ライライフツェン近くの別の村▼

景観はほとんどライライフツェンと変わらない。綺麗〜!

f:id:heidi_eis:20170426170437j:plain
f:id:heidi_eis:20170426170358j:image

 

桜祭りの中世ブース▼

f:id:heidi_eis:20170426170510j:image

 

中世の恰好をした村の人(なのかな?)がたくさんブースを設けていて、この桜祭りの期間中は実際にこのテントで寝泊まりしているようです。プロ意識というか、桜祭りにかける思いが丁寧で素敵だなあと思いました。(気温3度くらい・・・)

 

 

桜の木の苗らしきものを土で覆う作業も桜姫がしました。去年も同じ苗を覆ったらしいです(笑)▼

f:id:heidi_eis:20170428171043j:plain

 

他は、永遠に写真撮られていたり、プリンセスだからということで色んな日常では受けれない特別な待遇を受けていました。あんなにみんなから脚光をあびたのは初めてでした。

 

漫画にも描いたように、「桜姫」にはオーディションなんてあるはずもなく、ただ、ビーレフェルトで偶然仲良くさせて頂いている方からの紹介で、(苦笑)

 

ただ、タイミングよく、私が日本人だったからできたという事実はとても嬉しいのですが、ただそれだけの理由でこんなに「プリンセス」と騒がれ、新聞やテレビにうつっちゃっていいのだろうかという色んな意味でのドキドキの方が多かったです。

 

テレビの影響が大きいのか、ビーレフェルトで「テレビ見たよ!桜姫さんだよね?」と年配の方から話しかけられ、なんとも照れくさかったです(笑)

 

 

 

「お姫様」になってみて、感想。

 

私は「お姫様」(というか有名人)に向いてないなと気付いた反面、お姫様になるなんて今まではもちろんこれから先も無いはずなので、ドイツでお姫様になったというのは少しおかしな話だけど、なれてよかったなあと思いました^^

 

プリンセスに向いてないなと思った1番の場面は、私は子どもが大好きなのですが、絶対普段だったら仲良くなれる子どもも「お姫様」だからすぐ逃げていっちゃったりして、そんな時に「もう着物なんか脱いで子どもと思いっきり駆け回りたいわ!!!」と思っている自分に気付いた時でした(笑)

 

しかしそんな中でも仲良くなって一緒に遊べた子どもはいたので割と満足はしているのですが。

 

着物を自分たちだけで着付けるのは難しかったけど、昔の日本人はこれを1人で着ていたんだと思うと自分のご先祖様を尊敬したし、日本人でよかったなあとしみじみ。着物の着付けなんて絶対素人じゃむりだと思っていましたが結果何とかなったので、人間やれば意外と色々できるし、もっと綺麗に自分で着付けをできるようになりたいし自分の着物が欲しいなあと本気で今思っています^^

 

栃木の方がたててくれたお抹茶を飲むこともできたし、(和服大好きなのですが)着物を着ることができたし、この日本文化を桜祭りは日独交流の場ではないにも関わらずドイツの方々と共有できたのは、いい思い出です^^

 

テレビのことはもう思い出したくないけれど(笑)

 

 

ビーレフェルトに留学して4月頃も滞在している女性の方は「桜姫」にスカウトされるかもしれないですね(^_^)☆

 

 

 

この記事がいいなと思ったら下のURLをポチっとお願いします。ブログランキングに参加しており、クリックでランキングがあがる仕組みになっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

 

ツイッターもしています▼